ここ仙台は「初売り」のお土地柄。 お正月に今年こそは新築で住宅購入とご家族で相談し住宅展示場に足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。

でも、余りに多くの住宅会社が出展し、よく聞く大手ハウスメーカーから余り耳にしない住宅会社の建物迄、どの建物から見学すればよいのか選べなくて迷ってしまいます。

なにせどのハウスメーカーも大きくて豪華な建物ばかり軒を連ねており、素敵な外観とおしゃれなインテリアや間取りに目移りする反面、ご自身の家づくりに参考になるのかしらと戸惑いをお感じになる方も多いようです。

今回はその様な皆様にハウスメーカー住宅展示場活用術の話題です。

多くの方が住宅展示場を訪れる契機として、新築の住宅購入を志したけれども何から始めるかどこに相談してよいかも解からずとりあえず近くの住宅展示場に行ってみようという様な経緯が上げられるでしょう。

確かにネットで調べても実際の新築住宅の価格もよく解からないし、間取りの良し悪しの見方もよく解からない、ましてや木造、鉄骨、2×4と構造やら高断熱やら建築法規やら住宅の専門知識にも不安がある中で、まずはこの目で確かめてみるかというようなお考えではないでしょうか。

その点において例えば仙台近郊には大きな総合住宅展示場が方々に有り、そこには多くのハウスメーカーが一堂に集結して現物の新築住宅を展示しています。素敵な間取りやら、インテリア、外観、おしゃれな建材と参考になるものがきっと有りそうだ。しつこくされなければ住宅営業マンに家づくりに関わる相談の機会もあるかもしれないと期待が高まります。

それでは反対にハウスメーカーにとって住宅展示場とはいかなる存在でしょう。

皆さんおそらくご存知の通り営業上の集客のための施設です。

ここが大きなポイントです。

何よりも設置目的は販売見込み客の集客の場としての機能であり、実際の一般的商品を展示している住宅設備メーカーのショールームとは性質が異なります。

つまりは住宅展示場に来店した皆様に対しこれから営業をかける対象として待ち受けているのであり、その為には一人でも多くの方に訪れていただく必要があります。

その端的な手段として少しでも多くの方の目を引き付け、印象深くする為に、建物は現実性を超えて華美になっていくのです。

よく私が住宅購入相談のコンサルにあたり、お客様から○○ハウスが素敵だったとか△△ホームの様なインテリアが好みだというようなご意見が出てくる事があります。

なぜそのハウスメーカーが気に入ったのかお尋すると住宅展示場を見学した際の印象を上げられる方が多いようですが、少々違った角度から観察してみても宜しいのではないでしょうか。

前述しました通り住宅展示場の使命は見込み客の集客です。その為に各社お客様受けの良い設えを施します。

皆様の感性にうったえ、展示建物の企画と感性が一致した時の高評価を狙っての方策です。

室内インテリアのナチュラル感が良かった、 アクセント壁仕上げがおしゃれ、 和モダンのリビングが落ち着いて良い、 素敵な間取り、 断熱性がとても良く暖かかった、等様々な要素がありましょう。

確かにこれからの家づくりに向けた夢のような生活を思い描きますね。

但し、冷静にご覧になって見ますと、例えばインテリアの場合、目にとまったポイントの床材、壁材、建具、照明器具は一般流通住宅建材の組み合わせで企画されており、「当社以外では出来ません」という設えはそう多くはないはずです。

つまり、お気に召したデザインはそのハウスメーカーのアピールポイントではあっても、他社に相談しても普通に実現可能なものは特段珍しくはないのです。

であるとするならば、その企画の好印象が故にハウスメーカー選びの選択肢を狭めてしまうのは勿体無いと思いませんか。

各住宅展示場の間取り・インテリア・アピールポイントからお気に入りのテーマ探しの参考にしつつ、更に充実した家づくりを目指すには、しっかりと皆様にぴったりのハウスメーカー選びをしたいものです。

その為に実はもっと有効に住宅展示場を活用したいポイントが有るのです。

ただ今回ここまででお話長くなってしまいました。

続きの具体的お話は次回の記事でご紹介いたします。