今ご覧頂いている皆様の中に住宅購入計画にあたりまずは仙台近郊の土地探し! と、第一歩としてネット検索を手掛かりに不動産会社やハウスメーカーへ売地物件情報を相談なさった方もいらっしゃる事でしょう。

そこで接触した営業マン名刺の中に「宅地建物取引士」という肩書きを目にする事がありませんか。

我々コンサルタントにおいても同様に目にするかもしれません。

この「宅地建物取引士」とは何をする人、何を備えている人でしょうか?

家づくりの土地探しをなさるにあたり知っておかれた方が宜しいでしょう。

 

宅地建物取引士(以前は宅地建物取引主任者という名称でした)は国家資格であり宅地建物取引業の営業に際し備える資格です。俗に「宅建」などとも略されます。

具体的には不動産売買の場合、不動産業者は契約締結前に売買物件の概要説明として重要事項説明書を書面で発行し説明しなければなりません。これは免許を得た宅地建物取引士が成さなければならない業務です。

この重要事項説明は不動産を購入するにあたり非常に重要なものです。

誰でも土地探しの中からようやく見つけた物件購入で無用なトラブルは避けたいはず。その為には重要事項説明で購入物件の詳細を把握しておく必要があります。

コンサルタントとしてのご相談の中で不動産取引におけるトラブル事は大小よく耳にする事がございます。

しかしその多くは、この重要事項説明での情報確認が適切に成されていれば充分に回避できていた可能性が高いものが多いように感じております。

耳慣れない専門用語が多く登場しますが、不明な事はこの場で確認しておきましょう。その為に有資格者に説明を義務付けているのですから。

また不動産業を営むのには業者としての免許が別途必要になりますが、この際開設した事業所あたり一定人数有資格者の設置義務が設けられています。

逆に申しますと不動産会社、住宅メーカーの社員だからといって全員が宅建免許を所有しているわけではありません。そこで冒頭の営業マンの名刺にこの肩書きが入っている方と入って無い方がいるのです。(保有していても記載の有無は自由ですが)

勿論、宅建保有の有無で営業マン技量の全てを測る事は適切ではありません。但し少なからず申し上げられるのはその両者を比較した場合に保有者の方が一定以上の取引周辺知識を備えているはずであり、適切な説明を得られる可能性の点では軍配が上がりましょう。(その為の有資格者ですから)

また、住宅建築においてこれを備えていない営業マンとの商談で土地探しを進めていく場合も、土地契約の場面では事前に必ず前述の重要要事項説明が必要ですので、宅地建物取引士がこれの説明をする事となります。

ご不安があればこの機会に細部を確認、相談してみたいものです。

不動産取引は例えば家づくりを前提とした土地探しの場合個々の物件の価格や立地条件確認のみならず、住宅を新築するにあたっての建築法規、や権利関係等抑えておくべき事項が多々ございます。

「こんな基本的な事質問したら変に思われるかしら」と尻込みせずご理解なさるまでのご相談をお勧めします。

私、パートナーズライフプランニング 栗山は皆様のご相談に的確にお応えできますよう宅地建物取引士の資格も備えております。土地探しご不安な際は是非ご相談のお声掛けください。