マイホーム計画を立てる時、選択肢は新築一戸建て、中古住宅、マンションと様々ですが、その中でも新築一戸建てを建築する場合は現物がまだそこに存在せず、周囲から間取りの失敗談やハウスメーカー選びの後悔話を耳にすると、誰に相談すれば安心なのだろうかと迷ってしまう事はありませんか。

勿論、中古住宅やマンションで住宅購入を検討する場合も住宅ローンや予算の事で頭をな悩ませられたり、購入物件の探索エリアをどこにするかで迷う事もあるかもしれません。

しかし、新築一戸建ての購入はこれらの課題を解決しなければならないのは同様な上に、物件を直に見て(モデルルームも含め)検討が出来るマンション、中古住宅に対し、特に注文住宅の場合、検討段階では完成した商品(家)を確認して意思決定する事が叶いません。この辺りが新築一戸建て購入の難しいところで、願わくば避けたい失敗や後悔の経験談はこの様な事情から生じるものが少なく有りません。

それではマイホーム計画を新築一戸建てで進める場合、どの様にすれば失敗や後悔を残す事なく素敵な我が家を手に入れる事が出来るのでしょうか。

これの答えは明白で、良き相談相手、アドバイザー役を持つ事が最良である事に異論を唱える方は少数なのではないでしょうか。

「一生一度」「人生最大」と称される買い物である住宅購入の難しさは、このイベントに取り組むにあたっての経験値の乏しさに有ります。物事を進めていくにあたって判断を下す経験則を持ち合わせていない為に不安や見当違いが生じてしまう訳ですから、経験値の不足を補うパートナーの存在が心強い役割を果たすはずです。

問題はその相談相手、アドバイザー役に誰を選ぶのが適任かの選任ではないでしょうか。

多くの方にとって一番身近な相談先となると友人、同僚、親兄弟の中で住宅購入の経験者が思い浮かぶ事でしょう。また、住宅展示場を見学する等して気に入ったハウスメーカーの営業マンを相談窓口に考える方もいらっしゃるかもしれません。

でも、その相談先が本当に適任でしょうか?

経験値の不足を補う為に知人の知恵を頼ったとしても、その知人の方もたった1回の経験値、多くても2回3回でしょう。当然その経験談の中にはご本人の主観、普遍的事象とレアケースが混在し、一番求めるべき客観的情報の取集を期待する事はかなり難しいのではないでしょうか。

その点、ハウスメーカー営業マン始め業者にその役を期待するにあたっては、家に関し専門的ポジションにいる人々なので知識の点で適任とも見えますが、そもそも目的が相反した立場に位置してます。

「一番良い家を選んで建てたい」←→「必ず自分から買って欲しい」

当然皆さんが相談相手に求めるのは、専門的且つ客観的ポジションからのアドバイスだと思いますが、ハウスメーカー営業マンの役割はあくまで「住宅販売」が「主」で有り、家づくりに関する諸々のお手伝いは目的実現の為の手段、つまり「従」なのです。

この辺りの掛け合いが上手く噛み合えば事が前に進むかもしれませんが、相互に噛み合いませんと「ハウスメーカー選びに疲れた」「聞いていた話と違う」といった失敗談や後悔話の伏線となってしまうのです。

そこでマイホーム計画を前に皆さんにお勧めしたいのが相談窓口、アドバイザー役としての私達住宅コンサルタントの活用です。

但し、住宅コンサルタントに相談と言ってもどんな事をしてくれるのか馴染みの薄い方が多いはず。

そこで今回はパートナーズライフプランニングの「マイホーム購入サポート」コンサルティングで、皆さんの家づくりをどの様にお手伝いするのかをご紹介してみようと思います。

● マイホーム計画の流れ

マイホーム計画で絶対に欠かせないのがどの様な流れで検討を進めるかの計画案を立てる事です。実は家づくりに取り組んでいる大部分の方が、この立案作業が不十分なままに計画を進行させています。いわば手探りの状態ですね。

結果として成否は偶発的なものに左右され、たまたま良い出会いの機会に恵まれれば満足ゆく新築住宅完成となりますし、うまく恵まれなければ思う様に計画が進まず不安に駆られてしまったり家づくりそのものに疲れてしまう等、検討作業も順調に進展せず新築後の出来栄えに「間取りの使い勝手が残念」「もっとおしゃれにこだわればよかった」「完成したけどやっぱりお金が心配」等と後悔を残す様な失敗も起きかねません。

確実に満足のいくマイホーム計画を実行するには計画性が何より重要なのです。

「マイホーム購入サポート」では初回面談時に皆様のご意向やご質問を伺うとともに、このマイホーム計画の流れをご案内いたします。

作業の手順は勿論、「何の為に」「どの様に」「何をするか」を解り易く解説し、この流れなら安心してマイホーム計画が進められそうだと判断いただければ、コンサルティング申し込みをご検討頂き次のステップへ進みます。ご判断に迷う場合はここ迄のお話で終えて頂いても結構です。

初回ご相談は無料ですのでご安心頂いてお試し下さい。

 

● ライフプランと住宅資金

マイホーム計画でまず最初に着手すべきは住宅資金計画を整備する事です。

何しろここが多くの方にとって心配のタネですし、予算を押さえずに住宅展示場やWebサイトでおしゃれなインテリアやかっこいい外観の新築住宅に目移りしても、現実性を伴わなければ検討作業が円滑に進みません。

そこで具体的な住宅資金計画を設計するにあたり、多くの方が予算の要として住宅ローンの利用を予定している事思いますが、何分にも住宅ローンの返済は長期間に渡りますのでここに不安を感じる方も多いはず。

その不安解決にはライフプランと併せた確認、検討が安心を得られるはずです。

多くの住宅不動産会社の営業マンが、現在の返済可能額から機械的に住宅ローン借入額を算出し、それを予算としておりますが、現在価値のみの検討では不十分で家計全般の将来を見越したライフプランとの擦り合わせをしませんと健全な資金設計とはなり得ません。

また、住宅ローンの返済期間、変動金利・固定金利の選択も営業マン諸氏の多くが口にする「損得」や「皆が採用してる」のみの判断では無く、仕組みと影響をしっかりと把握した上で選びたいものです。

非常に重要なテーマですのでファイナンシャルプランナーの専門的知識を是非ご活用頂きたい分野です。

ライフプランコンサルティング

 

● 土地探し

マイホーム計画に際し家だけでは無く土地探しが必要な方も多い事でしょう。

Webサイトを検索したり、ハウスメーカーや不動産会社の営業マンに依頼する等、懸命に情報収集しているのではないでしょうか。

でも、この土地探し作業、上手に進められていますか?

土地探しで多くの方が「物件情報」の収集にパワーを集中させます。

予め決めてある条件の網(エリア・駅徒歩距離・学区・価格等)を掛け理想の物件出現を待つのですが、御眼鏡にかなう条件でフルイに掛けていくと思う様な物件が中々出てこないという話になりがちです。

そんな時、ただ物件の表面的部分をなぞるだけでは無く、物件の観察、評価の仕方に工夫を凝らすと土地探しの幅がグッと広がり、加えて堅実性も増します。

また、住宅建築と同様に不動産取引はアパートの入退去程度の経験しかなく、ご不安なことも多いはず。普段耳にしない様な専門用語も数多く登場する上に、なにせ相手は百戦錬磨の不動産業者ですから。

「何時迄に、何を決めなければならないのか?」不動産取引はルールに沿った決断も重要なポイント。

後々後悔を残ず的確に取引を進める為にも、宅地建物取引の専門的見地から皆さんの立場に添った助言を致します。

 

● 間取り案作成

間取り図作成はマイホーム計画のハイライトとも言えるでしょう。せっかく新築するのですから、使いやすく素敵な間取りは勿論、おしゃれなインテリアやかっこいい外観などこだわりのお家を実現させたいですよね。

ここで多くの方が間取り図作成を相談先のハウスメーカーに委ねております。

勿論それでも良いのですが、いくつかの点で満たなさを感じる事が有るはずです。

 自社の坪単価に合わせた設計を優先し、気の利いた提案が満たされない間取り。

ハウスメーカーの得手不得手分野のより、自社基準枠内でのアイデアに止まる。

設計担当者に業務的余裕が無く、事務的な「手抜プラン」 の提案をされる。

間取り図作成者とインテリアコーディネーターの分業で、企画完成度が不十分。

この事態を避けこだわりの素敵な家づくりを実現するには、自らの理想の間取り案を十分に練り上げた素案を作成し、その案に一番見合ったハウスメーカーに持ち込む事で企画を熟成させるのが効果的です。

当コンサルティングではインテリアコーディネーターでありプランナーとしての実務経験も豊富な私、栗山が満足いく間取りづくりをお手伝いし、ハウスメーカー担当者への図面作成指示等も実施いたしますので、専門的知識をお持ちにならなくても安心して我が家の素敵な間取り案が出来上がる事を期待して頂けます。

● ハウスメーカー選び

ハウスメーカー選びは最後の最後まで悩み抜き、訳が解らなくなり疲れきってしまう方もいらっしゃいます。

多くの方にとって住宅展示場での出会いが各ハウスメーカーとの接点となってますが、実はマイホーム計画第一歩目の住宅展示場見学からハウスメーカー選びの作業は既に始まっており、計画性を持って見学したいところなのです。

何故なら家づくりの実務を任せる営業マンがここで決まります

いくら素晴らしい計画案が立案出来ても、最終的にはいずれかのハウスメーカーに仕事を依頼する事になります。

但し、彼らの技量は一律ではあるはずも無く、当然信頼できるハウスメーカーや営業マンに実務を任せたいとなればその見極めが必要なのは言うまでもありません。残念ながらマイホーム計画で後悔を残してしまった方の失敗の遠因がこの辺りにあるケースは多いものです。

「マイホーム購入サポート」ではこの課題に応じて、住宅展示場見学、ハウスメーカーとの打ち合わせ同行も実施しております。

皆さんのアドバイザー役としての助言は勿論、担当者への要望の伝達や交渉事も行いますので住宅知識に自信が無くてもご安心頂きながらハウスメーカー選びに取り組んでいただけます。

 

マイホーム購入サポートのご案内を通じて、新築時の相談役、アドバイザー役としての住宅コンサルタントの役割をご説明して参りました。

多くの方が夢や希望と共にご不安を抱くマイホーム計画。

やり直しは効きませんので失敗や後悔は残せません。

皆さんの経験値の不足は私が住宅コンサルタントとして補いますので、ご安心して家づくりに取り組み、素敵なマイホームを実現させる為の心強い味方になるはずです。

初回ご相談は無料ですので、まずは皆様の希望やご不安をお聞かせください。

「まだ何も決まってないし・・・」

「こんな相談でも良いのかしら?」

ささいなご相談からでも大丈夫!!ご遠慮なくお声掛け下さい。

コンサルティングに関するメールやお電話でのお問い合わせも受け付けております。

トップページをご参照ください。

ご一緒にプロジェクトを成功させましょう!

詳しくはこちら→トップページ