ハウスメーカー選びで避けたい契約後変身営業マン

 

仙台の住宅コンサルタントパートナーズライフプランニング です。

新築しようと数社のハウスメーカーに相談してみると、色んな営業マンに出会うはず。

間取りから住宅ローンの事まで詳しく教えてくれる人もいれば、何を聞いてもピンとこない人、

笑顔で朗らかな人もいれば、暗い感じで話をしづらい人と印象は様々でしょう。

人間ですから相性の良し悪しは有るにしても仕事の質に関わる様な事柄では問題です。

頼りに出来ない営業マンでは家づくりが不安すぎますね。

何しろどんなハウスメーカーを選ぶかも重要なテーマですが、それらの判断材料の多くは相談窓口となる営業マンが情報源となるはず。

そうでなければ細かな会社情報など集め切れるものではありません。

だからこそまずは営業マン選びが重要なのですが、皆さんはどんな営業マンを期待しますか?

知識のある人、急かさない人、明るい人、約束を守る人、経験豊かな人、売り気が強く無い人・・・

理想像として様々な答えが返ってきそうですが、反対に「こんな営業マンだけは避けたい!」となるとこの真逆の人物像が思い浮かびますが、

「知識が無い」

「約束を守らない」

恐らく多くの方にとってこの二つが敬遠したい筆頭に上がるのではないでしょうか。

だって誰もが知識を十分に備えて家づくりに望んでいるわけではありません。

寧ろ不安だらけでしょう。

となれば頼りにしたいのは営業マンの存在ですが、何を相談しても的確なアドバイスが得られなければ話になりませんし、お願いした事をキチンと守ってもらえなければ元も子もありません。

多少の相性の食い違いは諦めたとしても、この2つはマイホーム計画全体の成果にまで関わってきますから譲歩したくないですね。

当然のことながらどんな営業マンなのか各社の窓口となった担当営業をじっくりと観察することでしょう。

冷静に各氏の仕事ぶりから一番頼りにできる営業マンを探し当てたいところです。

しかし・・・・・・

そうした営業マン探しの努力も虚しく裏切られてしまうことがあります。

「良い営業マンに巡り会えなかったから?」

いいえ違います。見つからなければ見つかるまで探せばどこかで出会えるはずですが、

良い営業マンだと評価したはずなのに実は・・・・

しかもその転機が契約の後だったとしたら・・・・

そう。この人なら大丈夫だと信頼して契約したら営業マンの態度がガラリと変わってしまう契約後変身営業マンの存在です。

こんな失敗談は残念ですがままあるお話なのです。

「契約前にお願いした事が全然反映されていない」

「いつ連絡してもつながらないし、返事もない」

「何を聞いても、即答出来ないし回答まで時間がかかる」

「お客を紹介してくればかりで、我が家の仕事はいいかげん」

確かに営業マンは契約を取るのが仕事ですから、契約までは努めて好人物な振る舞いを意識するでしょう。ところが一転、契約が終わってしまえば次の仕事探しにまっしぐら。それを地で行く営業マンというものはそれ程珍しい存在ではありません。

でも、前述の通り契約までのセールストークとセールススマイルからは中々その正体がつかめないのが悩ましい所です。契約を終えてしまった後に気付いても、もはや安易に契約撤回はできませんので皆さんの不安や不満が鬱積してしまうのです。

こんな事でストレスを溜めたくもありませんし、ましてや皆さんの家づくりに後悔を残す事になっては最悪です。

どうすれば良いのでしょうか?

実は契約前のちょとした営業マンの仕草が、こうした事を予見する手掛かりになるのです。

それは商談中の電話着信と「忙しい」アピールです。

目の前の営業マンが皆さんとの打ち合わせ中にやたらと電話が掛かってきたり、着信があっても常に応答しない、応答どころか発信の主を確認もしないといった姿が頻繁に見られた場合それはちょっと要注意。

一見すると「余程忙しいのだろうな」と気に留めないでしまうかもしれません。

しかし実態は普段から社内社外を問わず段取りが悪い人ほど、周囲から電話で追い掛け回されるというのは良く見る姿。決して褒められた忙しさとは言えません。

加えてこのタイプは普段から連絡がとても付きづらい人が多いというのも特徴的です。

そこで前述の電話対応が繋がってきます。

契約を終えた仕事への関心も薄れ、契約前の口約束も積み重なっていれば電話対応も疎かになる・・・

目の前の無視された電話が契約後の皆さんの電話に置き換わってしまうのかもしれません。

ちょっとだけ打ち合わせを中断してでも電話口に出て「打ち合わせ中なので折り返しご連絡します」くらいの対応はして欲しいと思いませんか?

そしてもう一つ、「忙しいアピール」です。

何かにつけ忙しさをアピールする営業マン、皆さんの目の前にいませんか?

このタイプ、かなりの頻度で上記の連絡取れない営業マンに属し、加えて約束を守らない営業マンである恐れがあります。

「先日お願いした資料まだ頂いてませんが・・・」

「スミマセン、ちょっと忙しくて!」

こんなやり取りが何度となく繰り返されると

「忙しい忙しいって、私の仕事は後回しなの?」

不信感が湧いてきてしまいそうです。

そんな事になる前に皆さんの担当営業マンの仕草を観察してみてはいかがでしょうか。

契約後変身営業マンに振り回されない為には早期発見が肝心ですね。

ご不安な皆さんはパートナーズライフプランニング にご相談ください。

「マイホーム購入サポート」コンサルティングは住宅ローン始めとした住宅資金設計から土地探し、間取りづくりハウスメーカー選びと家づくりをトータルサポートする相談窓口です。

皆さんのマイホーム計画立案に加え、ハウスメーカーとの打ち合わせにも同席致しますので「知識が無くて心配」「しつこい営業をされないか不安」という方にもご安心いただけます。

勿論、今回取り上げたような契約後変身営業マン対策にも。

初回ご相談は無料となっております。

お気軽にお問い合わせください。

トップページはこちらから
この記事の監修<br>パートナーズライフプランニング<br>代表 栗山 琢磨

この記事の監修
パートナーズライフプランニング
代表 栗山 琢磨

仙台で生まれ育ち、大手ハウスメーカー・外資系生命保険会社勤務を通じて得た住宅・不動産・ライフプランの豊富な実務経験と専門資格のスキルをベースに2011年起業。

住宅コンサルタント・家計設計コンサルタントとして相談対応域は住宅ローン・土地探し・間取りづくり・ハウスメーカー選びといった住宅購入相談から学資や老後の資金準備・生命保険相談と皆様のライフプラン全域をカバー。

各テーマの仕組み・課題を解り易く解説。

仙台を中心に貴家の頼れるコンサルタントとしてお手伝いいたします。

・1級ファイナンシャルプランニング技能士
・トータルライフコンサルタント(生命保険協会認定FP)
・宅地建物取引士
・インテリアコーディネーター

トップページはこちら
この記事の監修<br>パートナーズライフプランニング<br>代表 栗山 琢磨

この記事の監修
パートナーズライフプランニング
代表 栗山 琢磨

仙台で生まれ育ち、大手ハウスメーカー・外資系生命保険会社勤務を通じて得た住宅・不動産・ライフプランの豊富な実務経験と専門資格のスキルをベースに2011年起業。

住宅コンサルタント・家計設計コンサルタントとして相談対応域は住宅ローン・土地探し・間取りづくり・ハウスメーカー選びといった住宅購入相談から学資や老後の資金準備・生命保険相談と皆様のライフプラン全域をカバー。

各テーマの仕組み・課題を解り易く解説。

仙台を中心に貴家の頼れるコンサルタントとしてお手伝いいたします。

・1級ファイナンシャルプランニング技能士
・トータルライフコンサルタント(生命保険協会認定FP)
・宅地建物取引士
・インテリアコーディネーター

トップページはこちら

おすすめ