仙台の住宅コンサルタント、パートナーズライフプランニング です。

マイホーム計画に先立って心配なのは住宅ローンの返済額ではないでしょうか。

なにせ住宅ローンの返済はその後のライフプランに永きに渡って関わってきます。

不安を感じるのも当然かもしれませんね。

昨今はネット検索で土地探しや新築建売住宅の情報を収集し、エリアや規模に応じた価格の相場感をつかむ事は容易になりました。

「この辺りで建物30坪くらいの4LDKならば4000万円位が目安かな」

といった具合です。

でも、住宅購入に際し多くの場合、手持ちの預貯金で購入を済ますというケースは極めて稀でしょう。

手持ち金を一部捻出するにしても、残りの資金は住宅ローンを利用しての調達となるのが一般的です。

そうなりますと「まずはこの物件を購入した場合、一体いくらの返済額になるのか?」

ここが最初に気掛かりなのではないでしょうか。

予算に合わないのであれば他の物件、もしくは探索のエリア自体も変えてみた方が良さそうですが、わざわざ不動産会社や住宅会社への問い合わせもその後のセールス攻勢を考えると二の足を踏んでしまうかも。

手元で簡単に返済額の目安が分かれば便利だと思いませんか?

そこで今回は覚えておくと便利な住宅ローンお手軽計算術をご紹介しましょう。

新築建売住宅を例にしてみます。

ネット情報には3000万台、4000万台、5000万台と様々な価格帯の物件が掲載されております。

実際には更に細かで3670万円、4478万円、5012万円と当然のことながら個々の価格は様々です。

そこで住宅ローンの返済額を考えるときに「金利は何パーセントだろう」とか「どこの銀行が良いのだろう」「固定金利と変動金利では金利が違うらしい」等、それまで蓄えた予備知識が頭をチラつくかもしれません。

確かに金融機関や変動金利・固定金利、融資条件により一般的にみても下限は0~1%の半ば、上は1%台と幅があるのは事実です。

勿論、最終的な購入の決定に至る判断までには、これらの条件を精査し現状に照らし合わせ、どの金利タイプをどの金融機関で融資を受けた場合にいかなる適用金利になるのか正確な情報整理は欠かせません。

でも、とりあえずザックリとした負担が分かれば検討のアタリもつけやすいのではないでしょうか。

そんな時、借入額100万円あたりの返済額を覚えておくと便利です。

そこで該当する金利は上下1パーセント程度の開きが有りますので概ね中心位置を1%と考え、住宅ローン借入額100万円、金利1%での返済額を覚えてしまうのです。

そうしますと35年返済の場合毎月2,822円、30年返済で3,216円になります。

でもまだ数字がゴチャゴチャしてますね。

おおよその見当つける為の計算であれば末数は丸めてしまった方が使い勝手が宜しいでしょう。

そうしますと毎月返済額

□ 35年返済:,800円

□ 30年返済:,200円

この金額で覚えて頂くと良いでしょう。

計算の仕方は、次の通りです。

⚪︎ 借入額4000万円35年返済の場合:2800╳40 =112,000円

⚪︎ 借入額4120万円30年返済の場合:3200╳41.2=131,840円

といった具合です。

因みにボーナス払いは先の金額を6倍して計算します。

◼︎ 35年返済:16,800円

◼︎ 30年返済:19,200円

ボーナス払いを含めた計算は次の通り

⚪︎ 借入額4000万円35年返済、内ボーナス払い分800万円の場合

月々  :2800╳32=89,600円

ボーナス:16800╳8=134,400円

⚪︎ 借入額4120万円30年返済、内ボーナス払い1000万円の場合

月々  :3200╳31.2=99,840円

ボーナス:19200╳10=192,000円

年間の返済額は月々╳12、ボーナス╳2を合わせた額です。

少々ラフな計算ではありますが概ねの返済額を把握するには十分なはず。

ネット検索で気になる物件を見つけたらまずはお試しください。

でも、具体的検討に進む場合は、固定金利/変動金利の選択、返済期間も含めた詳細な計算はお忘れなく。

 

手堅く、確実なマイホーム計画を目指すのであれば、是非仙台の住宅コンサルタント。パートナーズライフプランニング にご相談ください。

住宅ローン始めとした住宅資金設計は勿論、土地探し、間取り案作成、ハウスメーカー選びと、家づくりをトータルでサポートする相談窓口です。

トップページにも家づくりのヒントが盛りだくさん!

併せてご覧ください。

トップページはこちらから