仙台の住宅コンサルタント、パートナーズライフプランニングです。

マイホーム計画を新築一戸建てに決めたものの不安も色々。

住宅ローン返済、間取りやハウスメーカー選び、土地探しが上手くいくかも心配・・。

ハウスメーカー選びの為住宅展示場を見学したり、間取りをご夫婦で相談しながら考えるのも最初は楽しいものですが、計画の流れがいよいよ煮詰まってくると「本当にこれでいいの?」「住宅ローンはそもそも不安感が拭えない」「土地探しも中々気に入った土地情報が見つからない」等不安な気持ちの方が膨らんでしまいネガティブな雰囲気が漂う事も・・・。

「マイホーム計画を本当にこのまま進めて良いのだろうか?」

「新築一戸建ては無理?それならマンション?」

「住宅購入にこだわらなくても賃貸暮らしでもいいか・・・」

マイホーム計画の焦りや疲れから気弱になったり迷いを持った経験をお持ちの方は意外と多いはずです。

人生の一大事業ですから多少の不安はやむを得ないとも言えましょうが、解決すべき不安事を放置して失敗してもいけませんし、不安な気持ちが収まらなければ冷静な判断に支障きたしかねません。

なによりせっかくの家づくりが楽しくないなんて残念ですよね。

大切なことは満足のゆく家づくりを完成させる事。

その為には不安解消に努めるべきでしょう。

そこで!!

不安の源は何ですか?

 

⬜︎ 何がマイホーム計画を不安にさせる?     

「住宅ローン返済への心配」

「間取りのアイデアがまとまらない」

「ハウスメーカー選びの決め手が解らない」

「そもそも自分は今、住宅購入を進めるべきなの?」

といった様に、知識・経験の不足から住宅購入に関わる疑問や課題を自ら整理解決出来ない所に行くつくのではないでしょうか。

自ら疑問の解決や課題の整理がままならないとなれば、誰かの力を借りる必要があります。

相談相手の存在です。

皆さんの住宅購入に関わる知識や経験の不足を補い、そもそも新築一戸建ての家づくりは

▪️ 何から始めるべきか?

▪️ 何を検討すべきか?

▪️ どの様な進め方が良いのか?

といった事柄を示して導いてくれる相談相手がいれば理想です。

しかしながら、実際のところは多くの場合、相談相手の役割を果たしているのが「売り手」である工務店やハウスメーカーの営業マンです。

本当にユーザー目線での話なのか、売り口上としてのセールストークなのか見分けがつかず、迷いがそのまま不安に直結している部分があるのではないでしょうか。

確かにハウスメーカーの営業マンは家づくりを専門としている職種ではありますが、本分は売り手であり「住宅販売」が使命です。

当然の事ながら、相談打ち合わせ話の進め方や課題の提起とその解決策といったものは自社商品の販売に合わせた流れとなる事は避けられません。

その流れに沿った情報提供や作業スケジュールで進みます。

それ故、本来皆さんの立場から見た家づくりに大切なこととの乖離を感じる事も出てくるでしょう。

その雰囲気を察知した時に、

「本当にこの流れで良いのだろうか?」

「かといってどうすれば良いのか?」

といった閉塞感がこれから先のマイホーム計画の懸念材料として不安を感じるのではないでしょうか。

 

⬜︎  不安解消には事前準備!                              

そんな時には事前準備が不可欠!

先の様に売り手に委ねた進め方で家づくりが流れていくと、どうしても検討作業のテーマは「住宅販売」に優位な事柄が優先的に取り上げられ、本来望ましい家づくりの検討作業の流れと比較し、緻密さで見劣りは避けられません。

つまり本来触れておきべきテーマが不十分な状態であったり、重要度の低いテーマに労力を割かれながら検討作業が進行してしまうという事です。

それならば予め、皆さんにとって必要となる情報の整理や、事前準備可能ななものは答えを用意しておく事で、不要な作業に無為に振り回されてしまったり、充分な検討の余裕が持てないという事態も避けられるのではないでしょうか。

例えばどの様な準備が考えられるかみてみましょう。

 

<マイホーム計画の意義>

住まいの在り方は大きく賃貸住宅と持ち家に分かれ、持ち家は一戸建てとマンションに、更にそれらの新築か中古か、新築一戸建てであれば注文住宅か建売住宅といった具合に選択肢が細分化出来ます。

どの様な住まい方が皆さんのライフプランに相応しいのか、他人の示唆を受ける前にご自身なりの考えをまとめて置くと宜しいでしょう。

マイホーム計画の最中で悩み疲れた時、「賃貸暮らしでいいか」「新築と思ったけど中古でいいか」と選択の根本にまで迷いが生じ、より混迷の度と不安感を増す姿は度々見掛けるところです。

何を理想として住宅購入を成すのか?

どの様な暮らしが自分自身のライフスタイルと一致しているのか?

冷静な意思整理をマイホーム計画初頭に終えておくべきでしょう

 

<住宅資金>

住宅資金で一番頭を悩ますのは何と言っても住宅ローンの存在。

これの検討は毎月の返済可能額がベースとなります。

これが決まらなければ話が進まないのですが、悩ましいのもこの返済額。

マイホーム計画の流れの中で、これの検討は避けて通れないのなら、事前に心に余裕の有る内に考えを整理しておきたいもの。

特に先々の生活支出と住宅ローン返済額のバランスへの不安は最後まで皆さんを悩ませる最大要因です。

これの不安除去はライフプランのチェックが一番。

現状、将来に向けた老後や学資金の準備、不安の無いリスク対策として生命保険等の備えが充分に成されているか確認しておきたいものです。

不足があれば埋めた上での住宅ローンの返済開始であれば安心でしょうから。

 

<土地探し>

土地探しの難しさは「在るものの中からしか選べない」事です。

「このエリアに」「この位の価格で」「この位の広さの土地が」「こんな立地条件で」と細かに希望してもその様な売地が市場に無ければそれまでです。

理想を求め探しまくる努力よりも柔軟な判断力が成功の秘訣!

1つが満たされ1つが希望に反する様な場合、検討対象とするのか?流すのか?判断力がカギとなります。

具体的物件を前提にしない冷静な環境のうちに、その判断力を冴える為に希望の優先順位を整理しておいた方が宜しいでしょう。

 

<間取り>

間取りを決めていく過程の難しさは、新築注文住宅の場合は無からの創造、新築建売住宅の場合は土地同様に在るものからしか選べないという点において対象的です。

無限に可能性がありながらも現物を可視化出来無い新築注文住宅の間取り企画に対し、現物比較は可能だが選択範囲は限られている新築建売住宅という難度の相違という見方が出来ましょう。

しかし、この難しさの克服法は「希望の整理」がカギを握っているという点では共通しています。

注文住宅では間取り図作成前に希望のヒアリングが行われますが、ここでの要求が過大であったり意図が充分に伝達できなければ当然仕上がりに影響を及ぼします。

建売住宅においても同様に、求めるものが微細なものに迄及んでしまったり、反対に絞られていなければ見比べるポイントが定まりません。

勿論、希望を予め抑制する必要は無いのですが、優先順位はつけておいた方がプランナーも把握し易いでしょうし皆さん自身も見極めが容易なはずです。

どんな暮らし方が理想なのか?

間取り図作成前に一度考えを整理して置くと宜しいでしょう。

 

<ハウスメーカー選び>

最後の最後に悩むのがハウスメーカー選びです。

特に複数社に相談を持ちかけ打ち合わせを重ねれば、セールストーク合戦の渦中で情報が混乱し、「果たしてこのやり方で良いのだろうか?」と、不安な気持ちからハウスメーカー選びも家づくりも「疲れた・・」となってしまう姿は残念ながらよく在る光景です。

そんな場合は営業マンにテーマを委ねて情報を得るのでは無く、自分自身が知りたい情報を予め準備し提供させる事で過度なセールストーク合戦を落ち着かせる事が期待できます。

各社の言いたい事をバラバラに主張させれば混乱は避けられませんので同じ質問を各社に投げ掛け、その答えを観察するのです。

根拠をもって回答をするか?抽象的なままで終始するか?内容に差異があるのか?

皆さんの土俵の上でハウスメーカー選びを進めたいものです。

 

不安解消に大切なことは皆さんが判断をし易い環境の中でマイホーム計画を進める事。

その為の事前準備です。

ハウスメーカーの営業マン任せでは無く、皆さんの知りたい事、疑問な事を予め整理しておきましょう。

そこで必要な事に目配りする余裕が生まれるはずです。

でも・・・

全てを独力で準備するのは自信がないという方も多いのでは?

そんな時は住宅コンサルタントに相談してみてはいかがですか。

パートナーズライフプランニングは皆さんの家づくりをトータルサポートする相談窓口。

住宅ローン始めとした住宅資金計画から、土地探し、間取り図作成、ハウスメーカー選びと、途切れる事なくワンストップでお手伝いいたします。

皆さんの一大プロジェクトである家づくりを専門家のサポートを得ながら進めてみませんか。

コンサルティングの概要は下の記事をご覧下さい。

新築時の失敗や後悔を避けるには? 住宅コンサルタントの活用法

皆さんの素敵なマイホームをご一緒に目指しませんか。

初回ご相談は無料となっております。

お気軽にお問い合わせください。

トップページはこちらから