仙台での家づくりのご相談では様々なご質問を頂きます。

土地探しであれば仙台市中心部からのアクセス、間取りに関しては日当たりの状況、ハウスメーカー選びに係る断熱性能とご相談は多様です。

仙台での家づくりに限られた話では無く、仙台以外のどの地域にも共通して言える事ですが、ご自身が住まうエリアのデータをいくつか押さえておくとマイホーム計画の精度がより向上するかもしれません。

今回は家づくりの前に知っておきたい街のデータを仙台市を題材にお話ししたいと思います。

 

<市街地からの距離>

住宅購入計画を土地探しから始める場合、交通の利便性が候補地選びの重要ポイントになる事が多いです。

この場合特に市街地中心部とのアクセス具合が議題となりますが、皆さんその地域に土地勘の有る方ばかりでは無く転勤等で腰を落ち着けた方もいらっしゃいます。色々土地探しをしている内にどっちが近いのか遠いのか、どこまでだったらOKなのか段々と混乱してくる事も・・・。

予め距離の感覚押さえておいた方が便利かもしれません。

◎中心地との直線距離

仙台市であれば例えば仙台駅からの10㎞の直線距離が覚えやすく頭に入れておくと距離感をつかむのに便利です。

南 : JR東北本線 名取駅付近

東 : 仙台東部道路 仙台港北IC付近

北 : 東北自動車道 泉IC付近

西 : JR仙山線 愛子駅付近

◎中心地との時間的距離

実際のアクセス利便性を実感するのは距離よりも所要時間の方が直接的でしょう。

但し道路は交通状況で変化しますので鉄道での時間的距離を計測してみます。

まず、仙台市地下鉄南北線・東西線の終点までをみてみますと

富沢駅  : 14分

荒井駅  : 13分

泉中央駅 : 15分

八木山動物公園駅:12分

JR各線の場合、地下鉄終点迄と同じ所要時間でどこまでいけるかをみてみると

東北本線南方面 : 名取駅  13分

東北本線北方面 : 国府多賀城駅 14分

仙石線   :  福田町駅 14分

仙山線   :  国見駅  15分

JR東北本線の利用だと同じ所要時間で仙台駅より10㎞の直線距離まで到達しますが、他路線は6〜7㎞で仙山線は4.5㎞です。

下に図のイメージになります。交通の利便性で土地探しをする場合は参考にしてみて下さい。

土地探し仙台交通アクセスマップ
仙台交通アクセスマップ

 

<太陽高度>

家づくりの際、少しでも快適に暮らせる様に間取りづくりには皆さん真剣に取り組まれてますが、特に日当たりには気を配られるはずです。一日中陽の差さないお家は避けたいですから、注文住宅で新築の場合お家の中の間取りだけに気を取られずに敷地全体と建物の位置関係にも注意を払っておきたいですね。

でも日当たりを考える時に一年を通して太陽の高度は一定ではありませんね。季節によっても変わってくるのは言うまでもありませんが、どの程度の角度差があるのでしょうか?これには緯度も関係してきます。

仙台市の緯度は北緯38°16’です。夏至と冬至の太陽の南中高度をみてみましょう。

夏至 : 75.2度

冬至 : 28.3度

間取りづくり 仙台季節毎太陽高度図
仙台市夏至冬至太陽高度

 

上の図の様に夏と冬では結構な差があります。

建物の軒の高さは2階建で概ね地上6メートル程ですが,この高さの物体の影の長さは同じ地上面で

夏至 :  1.6M

冬至 : 11.1M

になります。かなりの違いですね。

夏に土地探しで土地を発見し、まあま日当たりも良さそうだと思って住宅購入、新築を終え冬に入居してみたら全然陽が差さないなどと言う事は避けたいものです。

土地の探し方も間取りづくりもこの辺りを念頭に置いてマイホーム計画を立てていきたいですね。

 

<平均気温>

家づくりのテーマの一つに暖かい家、断熱性能の高い家を求めようという観点があります。

特にそれまでに寒い家での生活を経験してきた方で高断熱の家づくりに熱心な方が多い様です。

仙台の住宅市場でも北海道の断熱仕様等という謳い文句を目にしますが、そもそも仙台の気温は冬札幌よりは暖かいが東京よりは寒いのは分かりますが、その差はどの位なのでしょうか? 単に寒い暖かいという感覚的なものだけでは無く数値的なものも押さえてみませんか。

下の図は札幌・仙台・東京の各月平均気温です。

高断熱家づくりの参考資料 仙台・札幌・東京平均気温
札幌・仙台・東京1981~2010平均気温(気象庁データ参考)

 

3都市を比べてみると夏場の8月は仙台市と対比すると東京は2.2度高く、札幌は1.9度低いのですが、冬場1月・2月はそれぞれ東京3.6度・3.7度高く、札幌は−5.2度・−5.1度となっております。

客観的にみますと夏場の方が各都市の温度差は縮まり、冬場は拡大している事がわかり、仙台からの視点で見ると夏は東京よりは涼しいもののやはり暑く、冬は札幌に比べれば遥かに温暖な気候とでもいえましょうか。

これを家づくりの参考にするとすれば冬の断熱対策は十分に配慮したいが、必要以上に断熱性能のみに気を奪われ開口部を制限しすぎると夏場に自然通気で涼を得ようという際に不都合になってしまう懸念もあり、四季を通じてバランスの良い間取りなり設備を検討すべきだという事でしょう。

仙台以外にお住いの方も周囲のデータ分析してみてはいかがですか。

思っていたものと違った側面が発見できればマイホーム計画のアイデアに活用出来るかもしれません。

 

パートナーズライフプランニングの「マイホーム購入サポート」コンサルティングは皆さんの住宅購入計画を専門的にサポートするワンストップの相談窓口です。

人生のビックプロジェクトであるマイホーム計画を成功に導く為に皆さんが見落としがちなポイントもしっかりとアドバイスいたします。

仙台市以遠の方には出張コースもございます。

お気軽にお問い合わせください。