ずいぶん長く時間をかけて土地探しをしているけれど希望の土地が全く出てこない。

見つけたけれど先に売れてしまった。

この様な歯がゆい思いをされている方は多いのではないでしょうか。

皆さんどの様に土地探しをなされていますか?

一生懸命にネット検索をしてもしっくりした物件が見当たらない。

ハウスメーカーや不動産会社の営業マンに情報提供をお願いしているが待てど暮らせど・・・。

見つからない原因はなぜでしょう?

探し方の問題? 土地が売れているから? じゃあどうすれば?

 

まずは冷静に原因分析から始めましょう。

近年土地情報探索は多くの方がWebの不動産情報検索サイトを利用し、お茶の間や職場の休憩時間で探索作業というスタイルが定着してきましたが、この様なサービスが充実する以前、土地情報探しは結構大変な作業でした。

何しろ個々の情報はこれを個別に取り扱っている不動産会社の店頭に有りますので、希望の不動産情報を扱っていそうな所を狙って今週はここ、来週はあそこと不動産会社めぐりや、目当ての地域をぐるぐる巡回して「売り物件」の看板探し・・・。

その他にも住宅情報誌の利用やネットワークの多そうな大手ハウスメーカー・不動産会社の営業マンからの土地情報収集という手段も考えられますが、それでも情報量は限定的ですし情報レスポンスも速やかとはいきません。

要するに土地探しは手間と時間が掛かる作業だったのです。

しかし、それは全般に売物件の市場出現から発見までの時間が要する事を意味し、個々物件の市場滞留期間が現在よりも長く期間も重複することから、瞬事には常時在庫は豊富で少々ゆとりのある検討作業で臨めたのです。

反対に昨今は物件出現の情報発信は一斉にヨーイドンです。成約までのペースはどうしても速くなり、気付かぬ内に現れ成約しサイトからも情報が消えているという事がおきるのです。取引の活発さだけではなく流通メカニズムの変化も一因だと考えておいた方が宜しいでしょう。

よく住宅営業マンが口にする「裏情報」なるものもその存在ははたして・・・。早く売るにはさっさとネットに掲載した方が合理的ですから。

さて、そのような環境の中で如何にして好物件を見つけだすか。

ポイントは探索範囲を無用に狭めない事と発見後の検討作業を円滑に進める為の事前準備です。

それには探索物件の策定条件、対象物件発見前後の検討作業の役割を事前に整理しておく事が重要。

チャンスを逃さず、手堅いマイホームプランを立案していこうという事です。

パートナーズライフプランニングのマイホーム購入サポートは土地探しにお悩みの皆様のお手伝いもさせて頂きます。