マイホーム計画を思い立った時、頭の中でどんなお家のイメージが浮かんでますか?

素敵な間取りのお家、おしゃれなインテリアのお部屋、かっこいい外観デザイン、Web上の写真や住宅展示場で目を止めた新築住宅の姿かもしれません。

でも、家づくりの作業が進んでいくと夢見ていたマイホームの姿が「現実的」という言葉と入れ替わり、あまり代わり映えのしないお家に止まってしまう光景をよく見かけます。

「予算的にギリギリなのに、おしゃれな家にしたら資金が心配」

「素敵なお家にしてはみたいけど、知識がないので相談の仕方が分からない」

「住宅ローンの事で頭がいっぱいで、デザインまで考える余裕が無い」

「ハウスメーカーの打合せが簡単に終えられてしまい、気付いたら普通の家で決まっていた」

色々ご事情はあるようですが、住宅ローンはじめとした住宅資金の悩みや、断熱性、耐震性、信頼性でハウスメーカー選びに迷いながら間取りを模索し、他にも様々な住宅購入の検討作業の中で意匠的なテーマにまで気を回すゆとりが無く、家づくりを終えてしまったという事なのでしょうか。

中古住宅や新築の建売住宅であれば現物通りとなりますが、新築一戸建て注文住宅での建築は企画が勝負。こだわりの家づくりを試す事が出来るのです。せっかくのマイホーム計画ですから素敵な我が家を目指してみませんか。

気軽に実践できる家づくりにおけるデザインのツボをご紹介します。

 

おしゃれな家づくりを目指そう!と心に決めても、「デザイン」というテーマは馴染みやすそうで難しそうに写っているかもしれません。

家づくりに取り組まれた初期段階で、視覚的に訴えるインテリアや外観デザインのインパクトは住宅購入に関連した多くの情報の中でも特に注目し、馴染みやすいテーマであったはず。それが、いざ家づくりの実践で計画が進行するにつれ敷居が高い存在に変わってはいませんか?

「好みのデザインを聞かれても上手に伝えられない」

「インテリアや外観を見せてもらえば好き嫌いは判るけど」

皆様からのご相談をコンサルティングしている中でもこの様なニュアンスの会話が出て参ります。

でもなんとか素敵な家づくりを模索し、知識に自信のない中でも好みのデザインを設計者に伝えようとした場合、それまでに見た事のある住宅展示場やハウスメーカーカタログの実例の記憶を基にした伝達を試みるのではないでしょうか。

しかしながら、そのネタ元はコスト度外視で建てられた企画デザインの実例です。

インテリアは豪華なタイル張りや木製の装飾パーツをふんだんに使い、外観デザインも複雑な造形の重厚なシルエット。参考にする対象としてはどうでしょう?

そのままマネたら予算がいくらあっても足りない・・・

でも、他のやり方も思いつかないし・・・

もっと違ったアプローチのおしゃれな家づくりも模索してみてはいかがでしょうか。

新築注文住宅はアイデアが勝負です。

それではコストをあまり気にかけずに気軽におしゃれな家づくりを楽しむにはどうすれば良いか? 2つのキーワードでおしゃれな家づくりのツボをのぞいてみましょう。

 

<意外性>

おしゃれでかっこいいデザインを強調したい時、「意外性」を意識した演出はそこへの近道。「見たことな〜い」という様な驚きのインパクトを狙っていきます。

また、おしゃれなインテリアというと室内にエコカラット等装飾タイルを張ったり、和のテイストを基調とすれば「木」の素材感を生かしたパーツのデザインをよく見かける手法として思い浮かぶ事でしょう。

これらは通常の一般建築ではスタンダードで無い建材を採用し、意外性というインパクトで人の目を引きつけようというおしゃれ技法な訳ですが、見栄えがする程度にまでこれらのパーツを取り入れると結構なコストアップになるのが弱点です。逆に節約して中途半端な程度で済ませてしまうと、単なる「最近よくみる内装の家」で終わってしまいます。驚きまで届かないのですね。

せっかく頑張ったインテリアのつもりなのに「これ最近よく見るよね」「〇〇さんの家でも同じ様にしてた」なんて言われたらちょっとがっかりしてしまいます。

 

一般によく知られた技法で「意外性」を訴えるデザインを目論む場合、それなりの豪華さを伴わないと意外性どころか「よくあるやり方」と見えてしまうのです。

せっかくの新築注文住宅のお家がこれでは残念です。

そこでコストを掛けずに意外性を演出するアイデアの一つをご紹介してみましょう。

使う素材は「壁紙」です。

壁紙? クロスなんて意外でもなんでもないでしょ! と思われるのではないでしょうか。

アクセントクロス等という技法はおしゃれなインテリアテクニックとしてはよく知られておりますが、少なくとも珍しい技法とは言えず意外性までの期待となるとちょっと役不足に感じるかもしれません。

しかし、コスト面から見ますと通常ほとんどの建物の内装は壁紙で仕上げてますので若干のクロス単価の差額を除けばタイル仕上げの様なコスト増にはなりません。

あとは使い方、工夫の仕方です。まずは下の図1をご覧下さい。

家づくり おしゃれなインテリア 和テイスト

(図1)

余り目にしない柄の壁紙ですが「和」の雰囲気が感じ取れませんか。

「和」をテーマにインテリアデザインすると、畳、木の柱や板張りの壁天井といった仕上げが定番で、書院造や数奇屋風、民芸調をベースにしたデザインは何処ででも目にする事が出来ます。すなわちこれに倣ってしまうとそれ自体で意外性を発揮するには苦しくなり量でカバーする必要に迫られます。つまりコストアップです。

そこで余り見る事の無い平安調をモチーフにしてみました。壁の紅色の柄は「御簾」を連想させるデザインです。

また、アクセントクロス等、壁紙でのデザインを試みると、冒険するのは心配だからか案外おとなしい色柄のものが選ばれる傾向が有りますが、意外性というよりはどうしても無難な印象に留まってしまいます。

そこでよく目にする和の印象とは違ったアプローチで、大胆な柄使いを試みるという事です。

こだわりの空間演出が期待できますよ。

 

和テイストの他にもシンプルモダンという近年はやりのテイストがあります。白を基調としたインテリアはかっこいい家づくりを目指す方に人気の高いデザインですね。

但しこのシンプルモダンテイスト、仙台の新築建売住宅などでもよく目にしますが、床壁天井全部真っ白だからシンプルモダン、といった具合に他に何の工夫も見られないシンプルモダン住宅が濫造されている印象があります。

単なる真っ白けなお部屋にすればシンプルモダンでおしゃれになるというのでは物足りません。更に一工夫こだわりを見せる為に、先程と同様壁紙でかっこいい演出は出来ないでしょうか。

この観点で取り組むと、中途半端な彩色や柄模様だと雰囲気が違ったテイストになってしまいますので、これに似合うちょっと無機質な表情の壁紙を探していくとタイル調クロスが目に止まるかもしれません。

現在壁紙はビニールクロスが普及しています。塗壁調、自然石風、布地調、タイル調、木調と様々な表面デザインがあり、手軽にこれらの表情を演出できるのですが、何分にもホンモノではなく摸造品。柄によってはいかにもフェイクっぽい壁紙も多く存在します。

いかに本物素材に見える壁紙を選択するかがポイントです。

不安な場合は小さなカットサンプルだけでは無く、大判のサンプルをメーカーから取り寄せて確認した方は安心です。

下の図2はRC打ちっぱなし風クロスです。かっこいいですよ!

家づくり おしゃれなインテリア モダンテイスト

(図2)

 

<類似性>

見慣れない演出で見る人の目を奪おうという意外性の演出は、家づくりのデザインに有効な技法ではありますが、余りあちらこちら多用しすぎると落ち着きが無いマイホームとなり、個々のインパクトも薄れてしまいます。

今回のお話は表面の仕上げから話題を展開しましたが、おしゃれな家づくりの基本は内装も外観もシルエットを綺麗に企画する事、「形」を素敵にまとめるのが何より重要なのです。特に外観デザインは住宅展示場の様に大きな間取りの家特有の凹凸を巧みに取り入れたシルエットが気に入っても思い通りになかなかいかず、悩んでしまう方も多い様です。

何が難しいのかと申しますと、外観デザインは30坪台はその規模に合わせた見せ方、60坪台は同様にそれに合う見せ方があり、30坪台で無理に凸凹させてもまとまり無い家になってしまいますが、60坪もあればそのあたりの余裕も出てくるものです。

その原因は建物の投影形状です。建物の高さは床面積の大小に関わらず変わりませんが、横幅は規模が大きい程広がり、投影形状は規模に連れて横長の長方形になります。反対に小さい程幅は狭く正方形に近付きます。建物大小でのシルエットの特性が異なりますのでそれに合ったデザインの方法も個々に違ってくるのです。

4人家族のご家庭がよくお求めになる4LDK間取りの建物は30坪〜40坪位の間取りが平均的ですが、この規模の建物の場合総二階かそれに近いシルエットが程良くまとまってくるものです。

そうなりますと外部形状で特異性を演出するのは限界があります。その上に外壁建材も市販されているものは壁紙と比較すると遥かに色柄のパターンは限られており、素材の意外性で見せ場をつくるというのはなかなか難しいでしょう。そうなりますと「意外性」では無くいわゆる「類似性」の要件の中でのこだわり主張を模索していく事となります。

それでは類似性の中でのこだわりとはどうすれば良いのか? これのツボは「調和」を意識することが答えのひとつになるでしょう。

シルエットや部材の表現でデザインを主張できないなら、各パーツの並べ方を徹底的に綺麗な配置にしてみるのです。無理に斬新なパーツを盛り込んで目を引くのでは無く、出来るだけ種類を絞った共通項のパーツを法則性を持ってリズミカルに並べ、それらの均衡を魅せ場として主張します。図3の様なイメージで

おしゃれな家づくり かっこいい住宅外観デザイン

(図3)

派手さは無く何処にでも建っていそうなシルエットではありますが窓のサイズ、配置に規則性を持たせ深い軒を備える事でまとまりのあるな印象を感じて頂けませんか。

絵柄はバルコニー部分をアクセント壁にしてますが、全体単色でも勿論OKですし他の張り分けもあり得るでしょう。

この技法は室内インテリアでも採用できます。寧ろこれで空間造形を整えた後に意外性を深めた方が上手にまとめる事ができるでしょう。

住宅購入の選択肢に新築注文住宅が入っているのであれば間取りやインテリア、建物外観はフリーハンドで素敵な家づくりにチャレンジ出来ます。

コツを押さえながらそれが敵うハウスメーカー選びをしたいものです。

パートナーズライフプランニングはその様な皆さんの相談窓口として素敵なマイホーム計画の実現をお手伝いいたします。

住宅ローン始め住宅資金や土地探し、間取りづくり、ハウスメーカー選びまで専門的スキルでトータルサポートいたします。

初回ご相談は無料です。

Topページも是非ご覧頂きお気軽にお問い合わせください。