ファイナンシャルプランナーって何する人? ファイナンシャルだからお金かな? 具体的には・・・???

ここ仙台でも以前と比較し住宅購入の検討を始めた皆様には「ファイナンシャルプランナーへの相談」という事を耳にした事のある方は増えてきているのではないかと思いますが、家づくりに何が出来るの? となると漠然としたイメージではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーは略してFPとも呼ばれます。(ここからFPと記載)

FPは一般に国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士を保有している人を指し、このFP技能士は入門資格であるFP3級から最上位資格であるFP1級へとステップアップしていきます。

当然階級が上位になるほど高度なスキルを備える事が要件となり、その分皆様のご相談の期待に副える精度も増しましょう。

また、他にも民間資格のFPも有り栗山の自己紹介でも併記しておりますトータル・ライフ・コンサルタントは生命保険大学課程を修めた者に付与され生命保険商品周辺知識に重点を置いた生命保険協会の認定FPで、他のものも含めこれらの保有者を総称としてFPと呼ばれているのです。

 

では、具体的にどの様なスキルを持ち合わせた人達なのでしょうか?

FPコンサルタントが専門家としてご相談にお役に立てていただける分野をご案内します。

<社会保障> 年金や健康保険等に関し、負担と給付の仕組みから扶助範囲と自らの  備えるべき課題を示す事により将来にわたる生活設計立案に役立てます。

<金融商品> 資産形成を試みた場合、銀行預金に始まり債券・株式・投資信託…と多くの金融商品の選択肢がありますが、これら選択のポイントはリスクとリターンの両者を的確に評価することです。どちらか一方だけでは判断に正確さを欠きます。住宅ローンも同様です。

<リスクマネージメント> 我々の日常生活に潜むリスクに対して備え不安を除去するにはそのリスクの存在が何なのかを知る必要が有ります。その上でリスクに対応するものとして生命保険の保障を効果的に備える事が検討されますが、この生命保険商品の特性を知る事も重要です。

<タックスプラン>いわゆる税務知識です。住宅購入に際した住宅ローン控除や不動産取得税。また金融商品を活用して資産形成を実施し利益を得た場合に所得税の納付が必要となるなど予めこれらの仕組みを把握しておかれた方が宜しいでしょう。

<不動産>  住宅購入を志している皆様には正に中心となる分野ですが、土地探しにおける不動産に関わる法規・取引等の知識が重要なのは勿論ですが、不動産にはもう一つ「資産」としての面を持ち合わせており、その価値評価もおさえておきたいものです。

<資産承継> 相続や贈与をはじめとする資産承継には手順をふんだ事前準備と事後の課題整理が求められます。相続であれば対象者の選定・遺言書等の作成・税務対策、贈与であれば相続時清算課税制度や住宅取得資金の非課税制度等の検討が考えられます。

<法人会計> 決算書分析・自社株評価・会社役員間取引・事業承継等

 

以上の分野は我々FPコンサルタントが皆様のご相談に役立てていただける守備範囲になりますが、実はこの多くの項目が家づくりの検討過程で目配りをしておきたい分野なのです。

住宅購入にあたり予算案の策定には皆様もれなく苦悩されています。長い住宅ローンの返済ですのでこれから先のライフプランにおいて困りごとがおきないようにとの想いからでしょう。

しかしながらこの住宅資金計画だけに注意をはらえばライフプランは安心なのか? 学資金の準備、老後への備え、生活に支障を及ぼすリスクへの備え・・・これら全てを万全に備えた上ではじめて安心なライフプランが完成するのではないでしょうか。

そのお手伝いを担うのがこの分野の専門家である我々ファイナンシャルプランニングコンサルタントなのです。

私、パートナーズライフプランニング栗山はこのFPに加え インテリアコーディネーター、宅地建物取引士のスキルも備え、皆様の家づくりのご相談を入り口である 資金計画から的確な土地探し、素敵な間取りづくり、おしゃれなインテリア計画作成と家づくりプロジェクトの完成までワンストップでお手伝いさせていただくコンサルタントです。 貴家の家づくりプロジェクトを成功へと導くサポートをいたします。